読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春日部で育児と通勤を楽しむふとっちょ父さんの独り言。

春日部から東京都内へ通うイクメンの育児ブログです。JALマイルとふじちゃんポイントをためつつ、春日部市で育児をしながら思うことを綴るブログです。

子供に噛み癖があって困ります。

下の子(1歳9ヶ月)の女の子なんですが、どうやら保育園で、問題児のようです。どーも噛み癖のある子供としとてマークされてしまったようです。

ショックですね。家でも、真剣にしつけないと、今後大きな問題なったら困っちゃいます。上の子をかんだりするときもあって、その時は叱っていたんですが、まだ足りなかったようです。

しかも、なんか怒られなれちゃったようで、真剣に聞いてない感じだとのことです。これは、大問題ですね。

やはり、上の子との日々の生活のなかで身につけた自衛の手段なのかもしれませんね。嫌なことをされて、自分の主張をするために、そういった実力行使にでることを覚えちゃったのか。親の責任は重大ですね。

自分は休みの日にしか子供と絡む時間がないので、普段の生活はあまり見る機会がない(平日はほとんど会えない)のですが、そうも言ってられないですね。なるべく早く帰って、子供としっかり絡む時間を持たないといけないですよね。

子供との時間を取るときに、長男とのバランスも考えないといけないですよね。平等に接しているつもりでも、どこかでアンバランスが生じて、下の子に寂しい思いをさせていたかもしれないので、その辺を気をつけてみようと思います。

3歳くらいの子供って、言葉も喋れて、意思疎通もできるから、どうしてもそっちとの会話が優先になっちゃったりしていたのかも知れない。

その時に下の子にもいろんな主張があったと思うんです。でも、喋れないから会話に入れないわけですね。そこをもっと汲んであげればよかったかもしれないです。そこら辺をもう少し意識して、接してみようと思います。

噛んだりブッたり引っ掻いたりした時は、真剣に下の子を叱らないといけないですね。長男に乱暴を働いた時がチャンスですね。長男は可哀想ですが。

親に乱暴を働いても、適当に流しちゃってましたんで、そこをもっとフォーカスして、だめなものはダメと強く言ってみます。真剣に。目を見て。ヘラヘラさせない感じで。まずは、ここからですね。頑張ってみます。