読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春日部で育児と通勤を楽しむふとっちょ父さんの独り言。

春日部から東京都内へ通うイクメンの育児ブログです。JALマイルとふじちゃんポイントをためつつ、春日部市で育児をしながら思うことを綴るブログです。

日々の困り事:子どもがシャンプーを嫌がります。

私は、自分で言うのもなんですが、結構イクメンです。

 

子どもを楽しませたり、嫁を楽させようと気を配ったりしていると自負しています。主観の問題なので、周りにどう思われているかはしりませんが。

 

今日は、朝から、イオンシネマに「ガンバ」を見に行きました。そんでもって、ミニ四駆を買って、サーキットで遊んで公園に行って、風呂に入って子どもを寝かしつけました。子どもと一緒に楽しい休日を過ごしたのですが、風呂に入っている時に事件は起きました。

 

上の子(もうすぐ4歳になる男の子)が最近、シャンプーをものすごく嫌がるんです。今日は、無理やりシャンプーをしちゃいました。昨日は風呂に入らずねちゃったし、今日も砂場でガンガン遊んでたので、シャンプーを決行したわけです。もんのすごく泣かれちゃって、マジギレしていました。もー。お父さん困っちゃいます。泣きすぎて、声が枯れてました。咳もとまりません。

 

なんで嫌なのか、どーして欲しいのか説明はまだできないようで、ひたすら拒否るんですよ。引っ掻いてきたり、ただただ泣きわめくと。だんだん、こっちもムカついてきましたけど、大人だし、本気になったらいかん!!と自分に言い聞かせてました。

 

2chのAAでカンガルー同士が戦う絵があるんです。そこに書かれているコメントが秀逸です。

争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない!!

元ネタサンデーで連載中の「神のみぞ知るセカイ」で主人公桂木桂馬が言ったセリフ原作では主人公現実オタク的な意味での三次元す)をべ、レベルが違うので争いが生じないとしたものであった。マンガでは単なる普通の一コマであったが、アニメ化した際にはなぜかアニメーションが追加され印的なシーンになりあがっていた。(ニコニコ大百科より)

 

3歳児と同じレベルで言い争っちゃいけないと、自分を戒めるには、いい言葉です。つねに冷静でいなきゃいけないですよね。同じレベルで自分もマジギレしたら、一生後悔すると思います。子どもが手がかかる時って、理由が不可解ですが、だいたい単純なもの(お腹がすいた、眠い、ただ機嫌が悪い)ですよね。そういった時は、お互いクールダウンを、特に大人の方が必要以上に冷静にならないといけません。まあ、今回の原因はひたすら眠かっただけのようです。風呂から出たあとは、機嫌が治って、ご飯を一緒に食べ、こてっと寝ちゃいました。マジギレしないでよかった。とホッとしています。